益子町の駅からほど近く、
民芸の町としての賑わいを残す旧商店街から
1本入った静かな通りに、
約60年前に建てられた大谷石の蔵があります。

当初の役目を終えたその蔵は、
次の使命を待ちながら
ひっそりと佇んでいました。

空白の時を経て、再び息吹を吹き込まれた
この蔵から新たな物語が始まります。
過去から未来へとタスキを繋ぐように。