小春丸 / 生け花ライブと体験教室

2019/08/4/

 
イベントのお知らせです。
 
 

 
「花の人・小春丸 / 生け花ライブと体験教室」
1. 生け花ライブ
□ 開催日 : 2019年8月31日(土)
□ 時間 : 11:15 – 12:30
□ 料金 : 無料
□ 会場 : pejite 益子
 
2. 体験生け花教室
□ 開催日 : 2019年8月31日(土)
□ 時間 : 14:00 – 17:00
□ 料金 : ¥8,000 (税込)
□ 会場 : pejite 益子
※定員8名まで (先着順)
※お抹茶とお干菓子付き
 

この度、pejiteでは小春丸さんによる生け花ライブと体験生け花教室を開催致します。
小春丸さんは、まるで植物を通して自身の内の感性を表現するように、
小柄な体からは想像もつかないほどエネルギーに満ち溢れた方です。
季節の移ろい、生命の儚さをしなやかに美しく生ける姿は、多くの人を惹きつけます。
 

一日限りのイベントですので、この機会をどうぞお見逃しなく。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。
 

□ 注意事項
・ 店内での無断撮影はご遠慮下さい。
・ 生け花教室のお支払は当日現金でお願いします。
・ キャンセルの場合は、前日まで参加費の50%、当日は100%を頂戴致します。
・ 当日は通常通り営業しておりますので、お買い物もお楽しみ頂けます。
 

▼体験教室は予約制のため、事前にご予約を承ります。
ご予約、お問い合わせはpejite (益子店) まで。
 
 

【 小春丸 】
 茨城県在住。流派にとらわれず自由な発想で生ける、花の人。
 渋谷パルコ、ヒカリエなどでの生け花ライブ、益子町土祭、水戸芸術祭参加ほか、
 個展、生け花教室と県内外で幅広く勢力的に活動する。
 陶芸家、木工作家、舞踏家などとのコラボも多数。
 

【 pejite 益子 】
〒321-4217 栃木県芳賀郡益子町益子973-6
Tel. & Fax. / 0285-81-5494
Open / 11:00-18:00
Instagram / pejite_mashiko
 

小林 耶摩人 陶展

2019/04/10/

 
展示会のお知らせです。
 
 

 
「小林 耶摩人 陶展」
□ 会期 : 2019年4月27日(土) – 5月6日(月)
□ 時間 : 11:00 – 18:00
□ 会場 : pejite 益子
□ 作家在廊日 : 4月27日(土) ・ 28日(日)
 

この度、茨城県笠間市にて作陶されている小林耶摩人さんの初個展を開催させて頂きます。
今回の展示では以前より定番で作られている、粉引・灰釉・黒釉などのうつわに加え、
当店初お目見えとなる “三島手” と呼ばれる象嵌が施されたうつわも並びます。
料理を盛ることを前提に作られた、食卓にすんなり溶け込むモダンなうつわの数々。
この機会に是非ご覧頂けますと幸いです。
 

現在、店頭ではDMを配布中です。
期間中は益子町にて春の陶器市も開催中です。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。
 

【 pejite 益子 】
〒321-4217 栃木県芳賀郡益子町益子973-6
Tel. & Fax. / 0285-81-5494
Open / 11:00-18:00
Instagram / pejite_mashiko
 

五味五感 展

2019/01/11/

 
イベントのお知らせです。
 
 

 
「五味五感 展」
□ 会期 : 2019年2月9日(土) – 2月17日(日)
□ 時間 : 11:00 – 18:00
□ 会場 : pejite 益子
※14日(木)は定休日の為、お休みです
 
五味五感とは、料理家・夕顔 藤間夕香さんの季節の料理を軸に、
絵と音楽と工芸の作家と共に開催される展示会です。
2018年11月より静岡~東京~栃木と、3つの会場を巡回致します。
 

本展では、夕顔 藤間さんの料理で使われる器やカトラリーなど、縁ある作家の作品の展示販売を実施。
また、それぞれの会場では夕顔藤間さんによる食事会が開かれます。
なお、食事会では参加作家の作品が利用され、作品の体験の場としても提案されます。
 

※夕顔 藤間さんの食事会は、2/9日(土)と10日(日)の各日19:00より行われます。(完全予約制)
詳細はこちらのサイトをご覧下さい。
 

現在、店頭ではDMを配布中です。
見て聴いて触れて味わい香る、五味五感。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。
 

▼ 工芸作家
田村文宏(陶磁)
松本美弥子(陶磁)
SŌK 鈴木絵里加(陶磁)
三浦侑子(ガラス)
liir 森谷和輝(ガラス)
只木芳明(木工)
pejite オリジナル(木工)
yuta 須原健夫(金工)
 
▼ 料理
夕顔 藤間夕香

▼ イラスト&DMデザイン
山口洋祐

▼サウンドトラック
ユキシュンスケ

▼企画
夕顔 藤間夕香 / 名倉哲

▼主催
手創り市
 
 

【 pejite 益子 】
〒321-4217 栃木県芳賀郡益子町益子973-6
Tel. & Fax. / 0285-81-5494
Open / 11:00-18:00
Close / 木曜日
 

i a i Exhibition 「 草のほほ 」

2018/11/18/

 

 
1. 展示 「 呼応 と 温度 」
□ 会期 : 2018年11月26日(月) – 11月28日(水)
□ 時間 : Start 11:00
□ 会場 : 栃木県芳賀郡茂木町町田21 “Drive Inn Motegi”
□ お問い合わせ : 0285-81-5006
 
 

2. 販売 「 草のほほ 」 ※一点物即売
□ 会期 : 2018年11月30日(金) – 12月4日(火)
□ 時間 : 11:00 – 18:00
□ 会場 : 栃木県芳賀郡益子町益子973-6 “pejite”
□ お問い合わせ : 0285-81-5494
 
 

3. 阿吽 / aun 「 草纏い、食す 」 ※完全予約制
□ 会期 : 2018年11月30日(金) – 12月2日(日)
□ 会場 : 栃木県芳賀郡益子町益子973-6 “pejite”
 
▼完全予約制のため、事前に御予約を承らせて頂きます。
詳細は、instagram @_______aun 阿吽をご確認下さい。
 
 

【 i a i 】
 京都府の10戸26人が暮らす小さな山村に拠点を置く。
 土地や山の恩恵を受けながら、自然に還すことのできる自然布や、
 大切に紡がれてきた古布に、村の草木を用いた染色や、村のおばあちゃんの手仕事などを施す。
 パターンを用いずに直感的に作る「一点服」を制作する。
 
 

即売会でのお支払は現金・またはクレジットカードに対応しております。
当店へ初めてお越しのお客様はこらちの記事を参考にご覧下さい。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。
 

i a i Exhibition 「 草のほほ 」

2018/11/7/

 
2つの会場で開催される i a i さんによる展示会のお知らせです。
 
 
pejite_364
 
1. 展示 「 呼応 と 温度 」
□ 会期 : 2018年11月26日(月) – 11月28日(水)
□ 時間 : Start 11:00
□ 会場 : 栃木県芳賀郡茂木町町田21 “Drive Inn Motegi”
□ お問い合わせ : 0285-81-5006
 

栃木県茂木町を舞台として、そこに根を下ろす人たちに i a i の衣を着て過ごしていただき、
作り手も必要最低限の道具と制作の場を構えて、一つの場所で共に過ごします。
そこには、直接的に目にする所作、普段の会話、表情や瞬間から感じとれる温度を踏まえて、
呼応しながら衣に手をくわえ、絶えず変化していくことを表現します。
当日はお声がけいただけますと、着衣体験も可能です。そこで生まれる呼応と温度を感じてください。
展示終了後は茂木の暮らしを纏った生々しい衣服をそのまま “pejite” で展示即売いたします。
 
 

2. 販売 「 草のほほ 」 ※一点物即売
□ 会期 : 2018年11月30日(金) – 12月4日(火)
□ 時間 : 11:00 – 18:00
□ 会場 : 栃木県芳賀郡益子町益子973-6 “pejite”
□ お問い合わせ : 0285-81-5494
 

屑繭、有機ガラ紡、古麻を中心とした、冬羽織の内に着る草を意識して制作しました。
また起毛羽織や麻毛直着など、今の季節ならではの冬衣も並びます。
益子という土地で衣服をお見せするのは初めてとなるので、
愛着をもって接している素材の衣服に触れていただきたいと想っております。
会期中はミシンを持ち込み、身体に応じた調整ができるようにしております。
暮らしを共にしていただける一着とご縁がありましたら幸いです。
 
 

3. 阿吽 / aun 「 草纏い、食す 」 ※完全予約制
□ 会期 : 2018年11月30日(金) – 12月2日(日)
□ 会場 : 栃木県芳賀郡益子町益子973-6 “pejite”
 

働く衣、生活の衣として、日々、阿吽を豊かにしてくれる i a i の衣。
今回の展示にあわせて、i a i が暮らす京都福知山のお山の湧き水、
益子、茂木の土から生まれた食材を用いて、
その日限りの野趣料理として新しい命を吹き込ませて頂くはこびとなりました。
衣と食、外側と内側からご縁のある皆様を癒し、満たせますように。
どうぞ、深い深い呼吸をしにいらしてください。
 

▼完全予約制のため、事前に御予約を承らせて頂きます。
詳細は、instagram @_______aun 阿吽をご確認下さい。
 
 

【 i a i 】
 京都府の10戸26人が暮らす小さな山村に拠点を置く。
 土地や山の恩恵を受けながら、自然に還すことのできる自然布や、
 大切に紡がれてきた古布に、村の草木を用いた染色や、村のおばあちゃんの手仕事などを施す。
 パターンを用いずに直感的に作る「一点服」を制作する。
 

【 阿吽 / aun 】
 私の目に映る、四季折々の自然、素朴で美しい野趣を、
 衣食住に照らし合わせ、ゆっくりと時間をかけてお伝えしてゆきます。